スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


謝が向井四段に2連勝 女流名人タイトルを防衛 囲碁(産経新聞)

 謝依旻(しえい・いみん)女流名人に向井千瑛(ちあき)四段が挑戦していた産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第22期女流名人戦三番勝負」の第2局は、謝先勝のあとを受けて10日午前10時から東京都千代田区の「日本棋院」で行われ、午後6時40分、313手までで黒番の謝が2目半勝ちした。持ち時間各3時間で残りは謝2分、向井1分。この結果、謝が2連勝で防衛を決め、3連覇を果たした。

 「タイトル戦を2人で打てたらいいね」と話していた夢が現実になったこの女流名人戦。同期入段のライバル同士、普段は仲の良い二人が盤を挟んで激しい闘志をぶつけ合った。

 謝の先番。下辺黒17に白18とハサんで序盤早々に戦端が開かれ、手が進むほどに戦いは激しさを増していく。右辺で黒が41とサガって白を分断すれば、白も42とコスミ出して逆に黒を裂いていく。

 白50の時点では「黒の打つ手が難しい」と立会人の淡路修三九段。だが、数手進んだところでは「白の打つ手がみえない」(淡路九段)というほど、際どい競り合いが続いた。

 黒63から65と頭を出し、黒67のボウシにまわっては黒に流れが向いたかに見えた。だが、その瞬間、下辺白68のツギから白72と切った手が控室のみていなかった強手だった。

 白92、黒93と互いに生きて一段落。さらに左下黒95以下、両者知力の限りを尽くして戦ったが、最後は謝がこの難戦を制してシリーズの決着をつけた。

【関連記事】
慶大、囲碁で単位取得も 特別講義スタート
囲碁女流名人戦第2局へ
囲碁 張が棋聖位獲得でグランドスラム
「うーん、わからん」小沢氏が顔赤らめ2分で退場
故・藤沢名誉棋聖の孫、史上最年少11歳でプロ棋士に
20年後、日本はありますか?

徳之島で移設反対集会、町長が声明読み上げ(読売新聞)
<桂歌丸さん>症状落ち着き退院 「笑点」収録にも参加へ(毎日新聞)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)
外国人学校への助成、世界的に異例(産経新聞)
<教育と新聞>全国小・中学校・PTA新聞コンクール表彰式(毎日新聞)

<アーチェリー事故>高2に矢、同級生を書類送検へ 警視庁(毎日新聞)

 東京都目黒区のアーチェリー場で昨年11月、私立高校2年生の額に矢が刺さり死亡した事故で、警視庁は矢を放った同じ高校に通う同学年の男子生徒(17)を重過失致死容疑で近く書類送検する方針を固めた。警視庁によると、男子生徒は「誤って放ってしまった」と話しているという。

 捜査関係者によると、男子生徒は09年11月4日午後4時45分ごろ、目黒区目黒2の区勤労福祉会館内のアーチェリー場で、カーボン製の矢(長さ約70センチ)を被害者(当時16歳)に向けて誤射、死亡させた疑いが持たれている。被害者は4日後に脳挫傷で死亡した。

 2人は都内の私立高校のアーチェリー部に所属。当日は学校に届け出る必要がない自主練習中で、顧問や指導員はおらず、2人だけだった。矢を放った男子生徒は、矢を拾うために射場から約5メートル離れた、射場と的を結ぶ通路にいた被害者に弓を向けていて、誤って矢を放ったという。

 アーチェリー場は、競技経験者であれば指導員の立ち会いがなくても使用可能だった。2人は競技経験があったため、警視庁は施設側の管理責任はないと判断した。【町田徳丈】

「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)
<高速道路>財源転用を法案化 割引分の一部、建設に(毎日新聞)
<仙石国家戦略相>「子ども家庭局」夏めどに設置の考え(毎日新聞)
「名に恥じない仕事を」 首相、祖父の墓前で報告(産経新聞)
夫婦間病腎移植始まる 宇和島徳洲会(産経新聞)

日・カザフ、原子力協定に署名=ウラン安定供給可能に(時事通信)

 岡田克也外相とカザフスタンのカマルディノフ駐日大使は2日、日本とカザフの間の原子力協定にそれぞれ署名した。同協定により日本は同国からウランの安定供給を受けられるようになり、国内原子力関連企業のカザフ進出など、原発ビジネスの活性化が見込まれる。両国政府は今後、議会での承認を経て早期の発効を目指す。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

海捜索中に「林の方かも」=上田容疑者、同居の男に−鳥取不審死(時事通信)
北教組事件 小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で(毎日新聞)
日・カザフ、原子力協定に署名=ウラン安定供給可能に(時事通信)
対ガンブラーで14社結束、情報共有し防御研究へ(読売新聞)
<大津波・津波警報>北海道と青森間特急列車など84本運休(毎日新聞)

自殺 対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン(毎日新聞)

 自殺対策強化月間が始まった1日朝、福島瑞穂内閣府特命担当相らが東京都港区のJR新橋駅前で、通勤途中のサラリーマンらに向けた街頭キャンペーンを実施した。

 年間3万人を超える自殺者は年度末の3月が最も多く、年間自殺者の約4割が40〜60代男性であることから、中高年男性に的を絞った。不眠がうつ病の兆候とされていることから、「お父さん眠れてる?」と問いかけるチラシが入ったポケットティッシュを配った。テレビCMも1日から2週間放映される。

 福島担当相は「最近疲れているかなと気づいてもらうための(睡眠)キャンペーン。雇用、社会保障などの施策をしっかりやっていくというメッセージとしても伝えたい」と話した。【佐藤浩】

【関連ニュース】
<ピンときた捜査員>「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に
<前原国交相>「中2の時、父が自殺した」33年後に明かす
<オリックス・小瀬選手>自殺か キャンプ先で転落死
<瑞浪「いじめ」自殺>両親、遺書に名前のある生徒ら提訴へ
<昭和毎日>太宰治氏が入水自殺(1948年6月13日)

若者はなぜ新聞取らないのか 情報にお金払うという感覚なし(J-CASTニュース)
<大津波・津波警報>東京都・南鳥島で10センチの津波観測(毎日新聞)
国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に−政府(時事通信)
<詐欺容疑>国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山(毎日新聞)
張・新棋聖誕生、7大タイトル制覇(読売新聞)

<弁護士脱税>大阪の会社役員を共謀容疑で逮捕 東京地検(毎日新聞)

 弁護士らによる脱税事件で、東京地検特捜部は24日、大阪府河内長野市の会社役員、平出幸雄容疑者(68)を所得税法違反(脱税)容疑で逮捕した。地検によると平出容疑者は、同容疑で逮捕された知人の弁護士、小谷平容疑者(67)が所得圧縮に利用したとされる赤字会社の役員を務め、不正取引に加担したという。

 逮捕容疑は、小谷容疑者らと共謀し、小谷容疑者が不動産取引で得た04〜05年分の所得計約20億7200万円を多数の赤字会社が取引したように装って隠し、所得税約7億6900万円を免れたとしている。【三木幸治】

スーパー入り口に2乳児遺体=凍結状態、ポリ袋に−愛知(時事通信)
「持ち直し」の基調判断を維持=2月の月例経済報告−内閣府(時事通信)
二審も捜査怠慢認定=「殺害防げた」と賠償命令−箱詰め女性遺体事件・東京高裁(時事通信)
府市再編、溝深く 橋下知事「辞任も」 政治グループ過半数割れなら(産経新聞)
社民・福島党首、普天間の5月末期限は「二次的なもの」(産経新聞)

ボルト締め忘れ→新幹線停止、処分と防止策(読売新聞)

 JR東海道新幹線で先月29日に架線が切れて停電し、約14万9000人に影響が出たトラブルで、JR東海は26日、再発防止策を国土交通省関東運輸局に報告した。

 また、管理監督責任を問い、担当役員を減給1か月(10分の1)とするほか、社員8人の処分を発表した。

 トラブルは、発生2日前の1月27日、東京都品川区の車両基地で社員が新幹線車両の上部に設置されたパンタグラフの部品を交換した際、部品を固定するボルト4本を締め忘れた初歩的なミスが原因。再発防止策として、作業の確認にチェックシートを利用するほか、透明なケースの中に使用済みと新品のボルトをそれぞれ入れる穴を設け、交換した数を目で確認しやすくしたと報告した。既に今月5日から実施している。

 処分は今月23日付。減給処分を受けたのは常務取締役の吉川直利・新幹線鉄道事業本部長で、ボルトを締め忘れた社員3人らについては出勤停止5日などとした。

<職能総合大学校>厚労相が売却方針固める(毎日新聞)
夫婦別姓 異論なんの 首相後押しで成立へ突進(産経新聞)
<性同一性障害>中1女子が男子として通学へ 鹿児島(毎日新聞)
<沖縄震度5弱>99年ぶり発生 境界深部の蛇紋岩が抑制か(毎日新聞)
児童買春で外科医長ら逮捕=「性欲満たすため」−神奈川県警(時事通信)

60年大地震の20分の1か=エネルギー規模−気象庁課長(時事通信)

 南米の太平洋沿岸付近では、海側のプレートが陸側のプレートの下へ沈み込んでおり、この境界では大地震が繰り返し起きている。1960年5月にチリで規模(マグニチュード=M)が9.5の地震が起きた際には、高さが最大4メートル程度の津波が発生。日本でも死者・行方不明者が142人に上った。気象庁の関田康雄地震津波監視課長によると、今回はM8.6と推定しており、地震のエネルギーは20分の1程度と考えられる。しかし、今回の地震により、海底でどのような地殻変動が起きたか、直接調べる手段がないため、津波の大きさの予測は難しい。
 2007年8月にペルーでM8.0の地震が起きた際には、北海道根室市や青森県八戸市、沖縄県石垣市などで高さ15センチの津波を観測した。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真ニュース〕チリ大地震・津波の到達予想時間
〔写真特集〕ハイチ大地震
津波警戒で情報連絡室設置=政府
進出の日本企業、情報収集を開始=チリ大地震

「供述調書はでっち上げ」=厚労省元局長公判で元係長−大阪地裁(時事通信)
3人組が身ぐるみはがして逃走 下着まで… 東京・北区で路上強盗(産経新聞)
未明に民家火災、70代母と息子?死亡 大阪・茨木(産経新聞)
伊予路に春の足音 松山で「椿まつり」(産経新聞)
UR業務見直しで検討会=23日に初会合−国交省(時事通信)

売春場所提供容疑で元俳優ら逮捕=ホテルでパーティー開催−警視庁(時事通信)

 高級ホテルで売春をさせるパーティーを開催したとして、警視庁保安課と新宿署などは26日までに、売春防止法違反(場所提供)容疑で、元俳優で会社員の伏石泰宏容疑者(35)=東京都品川区上大崎=ら5人を逮捕した。
 同課によると、容疑を認め、「以前に参加したパーティーでノウハウを学び、2年半前に始めた」と供述しているという。
 同容疑者は「トウキョウトップガールズ」など複数の売春クラブを経営。高級ホテルのスイートルームに女性を集め、連日パーティーを開催していた。
 男性客の料金は1人2万〜3万円で、1日10〜40人を集客。月約1200万円を売り上げていたという。 

【関連ニュース】
借金条件に「ソープで働け」=有害業務紹介容疑で社長逮捕
車拠点、少女に売春させる=「家賃不要」男4人逮捕
高3男子が売春クラブ所属=女性と客引き合わせ
売春女性からみかじめ料=暴力団幹部ら2人逮捕

17政令市がプラス予算=生活保護費、最大規模に−時事通信まとめ(時事通信)
橋下知事“空港維持”豊中市長を批判 廃港派選挙応援は撤回(産経新聞)
咲き誇る熱帯の花 南国気分 板橋区立熱帯環境植物館(産経新聞)
偽装認知で比人ホステスら逮捕=子供に日本国籍−兵庫県警(時事通信)
<五輪スノーボード>神戸に恩返し 震災被災の家根谷選手(毎日新聞)

ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待−名古屋大(時事通信)

 右手と左手のように鏡面対称の構造を持つ二つの分子のうち、一方だけを合成する「不斉(ふせい)合成」を、名古屋大の石原一彰教授らの研究グループがヨウ素を用いた触媒で成功させた。合成された物質からは、次世代の抗生物質などを生成できる可能性があるという。研究成果は17日までに、独化学誌アンゲバンテ・ケミー電子版に掲載された。
 物質の中には合成すると同じ分子式なのに、構造が鏡面対称になる2種類ができるものがある。二つは性質が異なるため、医薬品などを作る際は有用な性質を持つ片方だけを不斉合成する必要がある。
 石原教授らは、ヨウ素を用いた有機化合物を触媒とし、アルコールの一種である分子を酸化させ、医薬品中間体「スピロラクトン」を不斉合成した。
 スピロラクトンからは「ラクトナマイシン」という次世代抗生物質や抗がん剤を生成できる可能性があるという。 

【関連ニュース】
日本イーライリリー、ジェムザールの効能追加
大豆製品で肺がんリスク減=非喫煙男性の場合
幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待
精子をマウス体内で成熟=子豚が初誕生、品種改良に応用へ
つかこうへいさんが肺がん公表

長妻氏は安全派、原口氏は積極派…年金運用で対立(読売新聞)
<向精神薬横流し>院長に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
警察官引きずりオートバイ逃走=軽傷、標識を無視−東京(時事通信)
<向精神薬>医師が元組員に30万錠横流し 営利目的で摘発(毎日新聞)
児童ポルノ、過去最悪=ネット利用の摘発が倍増−虐待も最多更新・警察庁(時事通信)

日航・稲盛会長、墜落事故の施設を訪問「責任重大」(産経新聞)

 会社更生手続き中の日本航空の稲盛和夫会長と大西賢社長は19日、羽田空港を訪れ、昭和60年8月に520人の死者を出した日航機墜落事故の遺品などを展示した「安全啓発センター」を視察し、安全運航と経営再建の両立を誓った。

 稲盛会長らは1時間近くかけて、事故が起きた経緯をCGなどで再現したビデオを観賞後、事故機の垂直尾翼の残骸やボイスレコーダー、当時の新聞記事などをみた。

 視察を終えた稲盛会長は記者団に「(事故で死亡した)乗客や乗務員の気持ちが伝わってきて、胸が締め付けられるような思いがした」と語り、日航会長としての責任の重さをかみしめていた。その上で「航空運輸は危険性と背中合わせの仕事だ。二度とこういう事故を起こしてはならない」と話し、安全運航に向けた取り組みを強化する姿勢をみせた。

 同センターは事故の教訓を風化させないことなどを目的に、同社が平成18年4月、開設した。

【関連記事】
日航、48年の上場に幕 株価1円のまま、紙くず以下に
日航、給与5%減 ボーナスゼロを提案 経営破綻1カ月
民主が日航問題で検証チーム 粉飾決算や自民政権との癒着など追及へ
日航、マイル利用の予約期間拡大
日航が「ドラえもんジェット」 費用は映画会社が負担

<2人死傷>車がバイク2台に追突…殺人容疑などで男を逮捕(毎日新聞)
関東北部で震度3(時事通信)
「天皇のよろい」発見 長岡宮跡 推古〜桓武時代 200年継承(産経新聞)
鳩山首相、政界引退後「農業やりたい」(産経新聞)
<民主党>企業献金「禁止」を強調(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
リンク
債務整理 無料相談
パチンコ攻略
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
ネイルサロン
探偵事務所
情報起業
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    とろろいも (01/14)
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    道隆 (01/04)
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    玉木よしひさ (12/30)
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    ポリエモン (12/21)
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    モグモグ (12/17)
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    ばきゅら (12/08)
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    ちんたまん (12/04)
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    さもはん (11/25)
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    XXまるおXX (11/20)
  • 南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)
    ぬらえもん (10/30)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM